イヌラッパグミ

「面白い」だけを追求する女の子達との非日常

雑記

また交通事故死?異世界に転生してしまった時に確認しておきたい3つのこと

投稿日:



不運の事故に巻き込まれたあなたは、異世界に転生しました

ある日のこと。

 

かな
あれ、めぐちゃんどうしたの? 指に包帯なんか巻いちゃって
イヌラッパグミ
なに、大したことはない。ちょっとトラックに轢かれてしまっただけだ
かな
全然大した事あるよ! 大丈夫なの?
イヌラッパグミ
この通りピンピンしている。トラックなど所詮私の敵ではない、ということだ
りんこ
交通事故に遭っておいてなんでそんな厨二ぶってられるのよ。割と一大事じゃない
イヌラッパグミ
ククク…誰が車のトラックに轢かれたと言った?
“なつき”
この子また馬鹿な事言ってるけど、体育の時間にハードル跳びでトラック倒して転倒した時に突き指しただけだからね
かな
なんだ面白くない
りんこ
そんな事だと思ったわ。どうせ怪我するならもっと面白い怪我しなさいよ
イヌラッパグミ
お前ら、私の心配をしてくれたんじゃないのか

 

いつもと変わらない、そんな昼下がりの私の日常。

だが、ふと思ったのだ。

もしも本当にトラックに轢かれたとして、その時に私はどう対処すればいいのか、と。

話は変わるが、世の中には「お約束」と言われるものが存在する。

例えば、

  • 食パンを咥えて走る美少女は道角で転校生とぶつかる
  • 戦いの最中、「俺、この戦いが終わったら〜」と何か宣言すると死ぬ
  • 学校の生徒会が敵として登場すると先生よりも権限を持っている

などなど。

そして、冒頭でトラックに轢かれると異世界に転生する

というのも「お約束」の一つである事は、web小説をかじった事がある人ならば常識だろう。

交通事故は、我々にとって身の危険に晒される可能性が最も高い事象の一つだ。

外へ出て何か行動を取る限り、常に事故のリスクを孕んでいる。

しかし、交通事故の予防策を取る人はほとんどいない

何故なら、交通事故の予防と言われても何をすれば良いのか分からない人が大半だからだ。

病気だったら食生活の見直しや運動、うがい手洗いといった予防ができる。

自然災害には、水や非常食、懐中電灯の準備を事前にしておくといった事ができる。

しかし交通事故は違う。いつ起こるか分からないし、起きるときは一瞬の出来事だから準備のしようがないのだ。

交通事故に逢うとどうなるか。

そんなの言わずもがなである。

そう、異世界に転生するのだ。

ある人は着の身着のまま飛ばされ、ある人は歳も見た目も一から生まれるところからスタートする。

飛ばされる先の異世界は、魔法が存在するという事以外は人によって違う。

つまり、転生先での自分の立場は誰一人として同じにはならないという事だ。

さて、そんな状況に陥るとして、一体どのような「予防策」を考えることができるか。

予防と言っても、事故を未然に防ぐ対策なんて家から出ない事以外に選択肢はないわけなので、ここでは、もし事故が起きてしまった時に、どう立ち回ればいいのかを考えなくてはならない。

 

異世界に転生してからの事を考えよう

上でも述べた通り、転生先の自分の立場というのは人によってバラバラだ。

だが、たった一つだけ共通することがある。

それは、自分の事故前の記憶を引き継いでいるという事だ。

ということは、事前に対策や予防策を準備しておけば、異世界に飛ばされたとしても、効率よく立ち振舞える可能性がアップするのである。

まずは冷静になって、異世界に飛ばされた時に確認すべき事項をしっかりと頭に入れよう。

 

かな
じゃあ、もし事故前の記憶がなかったらどーするの?
イヌラッパグミ
思い出せ。全身全霊をかけ、あらゆる邪念を捨て、思い出す事に集中するのだ

かな
ええ……

スポンサーリンク


 

身辺の確認をする

これは言われなくとも誰でも確認するだろう。

しかし着の身着のままやってきたのか、赤ん坊から一からやり直しなのか。

状況によって、今後すべき行動は大きく異なってくる。

それぞれのパターンから考えてみよう。

まず、後者の場合は、もう流れに何もかも身を任せるしかない。

だって、赤ん坊なのだから、自分で何も行動を起こしようがないのだ。

だが、生まれ変わった諸君は既にその辺の赤ん坊よりも賢い。当たり前だ。事故前の前世の記憶を引き継いでいるのだから。

それに、赤ん坊ということは、何もできない自分自身には、既に生きるための最低限の保護を受けている状態にあると考える事ができる。人は人から産まれてくるのだから、当然母親や、面倒を見てくる身内の者がいることだろう。

もし、生まれてきたらいきなり野ざらしで、誰も自分の面倒を見てくれる人がいないのであれば諦めるしかない。

自分は不運だったと嘆き、来世に期待しよう。

では、異世界転生時に前者だった場合、つまり、着の身着のままやってきた場合はまず何をすべきか。

何よりもすべきことは、持ち物の確認だろう。

そこで異世界で生き抜くために、持っておいた方が良いものをいくつかピックアップしてみた。

スマートフォン


異世界では携帯の電波は繋がらない事を前提に考えたとしても、やはりあると便利だ。

低確率ではあるが、何故かグーグルの検索やyahoo知恵袋が使えたり、amazonで商品の購入ができる可能性があるので、手元にスマホがあったら、機能をどこまで使えるのかはしっかりと確認しておいた方がいい。

それから仮に使えたとしても、バッテリーの残量も気になるところだ。

なので、ここは常日頃からスマホと一緒に大容量モバイルバッテリーも持ち歩く事をオススメする。

Akeem ソーラーチャージャー 22000 (22000mAh 3ポート 超大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応 … (ブラック(Solar))

りんこ
このバッテリーはなんとソーラーチャージも出来る優れものよ。電源確保の心配もなくなるわね
イヌラッパグミ
さすがこういうガジェットに関しては抜け目がないな……
りんこ
ただし、実際に私も使っているのだけど、ソーラーパネルの性能はあまり期待しない方がいいわ。丸一日太陽光に晒してもスマホのバッテリーは数パーセント回復すればいい方ね。
イヌラッパグミ
魔法のある世界の話してるんだからそういう細かいことは気にしたくないな

 

お金


異世界は当然、日本と文化は違うので、もしお金を持っていたとしても、高確率で買い物に使うことはできない。

しかし、文化や風土が違う、ということは、自分の国では当たり前のものが、こっちの世界では希少品かもしれないということだ。

古今東西、金属には特別な価値があるものとして扱われてきた。

つまり硬貨にはお金として物を買う事に使えなくとも、希少金属としての価値を期待できるのだ。

期待できるのは、金属自体の価値だけではない。

硬貨の鋳造には非常に高度な技術が使われており、加工技術が異世界には存在しない可能性もある。

そうなると、硬貨自体が芸術品としての価値を持つかもしれないのだ。

だから、うまくいけば異世界の貨幣を自分の手持ちの硬貨と交換して手に入れることができるかもしれない。

というわけで、手持ちのお金、とりわけ硬貨については常に多めに持ち歩いておく事をオススメする。

ちなみに紙幣の方が、やはり所詮は紙なので、その価値は貨幣として使える場所がなければ価値を持たないだろう。

イヌラッパグミ
日本の紙幣は世界トップクラス印刷加工技術が使われていて、偽造するのは非常に困難とされている。しかし高度すぎる印刷技術は異世界の人には理解され難いだろうな

 

食料

 

 

異世界に飛ばされたとして、衣食住の揃った環境であるとは限らない。

つまり、活気溢れる栄えた街中であるかもしれないし、何にもないだだっ広い荒野にポツンと取り残されるようにおかれる状況も考えられる。

となれば、サバイバル生活がしばらく続くことも考えて、当然食料も準備しておくに越したことはない。

また、仮に食べ物が手に入る場所が近くにあったとしても、異世界の食べ物にいきなり手をつけるのは危険だ。

見知らぬ環境である場合、口にするものは特に神経質にならなければならない。

食べ物については、ちゃんと他の人も食べる事が確認出来てから口にするのが望ましい

それまでは、まず環境に慣れることを優先し、食料も自分の手元にあるもので補うようにした方がいいだろう。

とはいえ、常日頃から非常食を持ち歩くのは難しい。

そこで、高カロリーなお菓子を常備しておくことをオススメする。

なつき
やっぱり高カロリーなお菓子といえばチョコレートね! 食べ過ぎは本当に禁物よー
イヌラッパグミ
お前いっつも食べ過ぎは良くないって言いながらお菓子つまんでるよな

食料とともに、水も重要だ。

むしろ、食料事情よりもこちらをまず優先すべきかもしれない。

というわけで、常日頃から飲み物は常備しておこう。

水筒でなくとも、ペットボトルの水で構わない。

綺麗な飲み水を確保できるまで、自分の手持ちの水だけでやりくりして、異世界生活の最初の難関、環境に適応する事を覚えよう。

 

喉元過ぎれば熱さなんとやら

異世界生活を前に、身辺の確認をしっかりと行い、衣食住の確保ができれば、諸君は晴れてこの異世界生活を満喫できる。

この、最初の環境に慣れる部分をクリアできればあとはきっとどうにかなる。

何故なら、諸君はこれからこの世界ではチートレベルの能力を手にして、魔法も人も魔物も思うがままにできるからだ。

もし、そうすることができない世界であった場合は命の保証はできない。

弾かれたトラックの種類が悪かった事を恨むしかないだろう。

 

かな
ところで今日はバンド練習の日だよね

イヌラッパグミ
絶賛突き指中の私に、ギターを弾けというのか

りんこ
死んでもバンド練習の時間には楽器持って来いって言い出したのあんたじゃない

“なつき”
まあ、ギター弾くのは勘弁してあげるから、歌はちゃんと頑張ってよね

イヌラッパグミ
はい


[まとめ買い] この素晴らしい世界に祝福を!(ドラゴンコミックスエイジ)



-雑記
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

まだまだこれから

絵はかけないけど何気にイヌラッパグミはドット絵なんかは 描いたりする。   これはトップページのやつ。 横長にしないといけないので、上半分だけ描いて後はまっさら。 ドット絵はマネすれば誰でも …

孤独なSNSに耐える方法

SNSとは、出会いを求める男女があわよくばリアルで出会っていろんな場所で繋がろうとするために使われるツールの事である。 ……という言い方をすると少し語弊があるかもしれないが、まあ大体あっているだろう。 …

イヌラッパグミ(仮)

  当サイト、イヌラッパグミは、この私、イヌラッパグミと愉快な仲間たちが織り成す日常と非日常が交差する、最新のトレンドとサブカルと時々音楽を扱う、エンターテイメントブログである。 基本的にジ …

エイプリールフールだし、ピアノに轢かれた話をしよう

  常識を疑え!ピアノだって何をしてくるか分からない!? ピアノを”弾く”ことはあっても、”轢かれる”事はないだろうと誰もが思っているはず。 だが、世の中は何がおきるかわからない。 20年前 …

タクシーが客引きを始めるようになったら世紀末だと思う

さて、諸君はせいぜい移動手段といえば徒歩と自転車くらいしか使わないだろうが、世の収入に余裕がある一般的な社会人は、お金よりも移動にかける時間を惜しむため、ワンメーターであってもタクシーを使う。 タクシ …

最近のコメント

    カテゴリ

    イヌラッパグミフレンズたち



    【おなまえ】
    イヌラッパグミ(犬養めぐみ)

    【自己紹介】
    当ブログの主人公。
    飼い主はアラサーの死んだ目をした社畜。
    歪んた人格のあまり、ブログでいい加減で適当な記事を量産する。
    今年の抱負はアニメ化。



    【おなまえ】
    鳥塚なつき

    【自己紹介】
    食べ物が大好き。
    特にお菓子。
    容姿端麗でおしとやかだが、暴言も吐く。
    食レポもするけど期待してはいけない。



    【おなまえ】
    大鹿凛子

    【自己紹介】
    ギャルっぽい見た目だが、真面目。
    ガジェット好き。
    アップル製品をよく使う。
    スマホアプリや製品レビューもたまにする



    【おなまえ】
    猫宮かな

    【自己紹介】
    面白い事がとにかく好き。
    変わったグッズやシュールな記事に現れる。
    たまにどこの次元の話をしているのか分からない事がある。