イヌラッパグミ

「面白い」だけを追求する女の子達との非日常

ライフハック

ウォーターサーバーの導入にメリットなんてあるの?売りすぎでしょ

投稿日:2017年2月18日 更新日:

 

水を売るだけなんてさぞ儲かることだろう。

と、この記事を書く前は思っていた。

だって、ウォーターサーバーの販売員なんて蛇口も捻れば出る水のようにどこからもなく湧き出てくるじゃないか。

例えば家電量販店なんかでも「今なら無料のウォーターサーバーを契約すると大幅な割引をいたしますよ」とか勧めてくるし。

一体何を思ってパソコン買おうと思った客が

「じゃあウォーターサーバーもついでに頼んじゃおうかなー」

ってなると思っているのか。水じゃないか。水。

そんなに飲みたきゃ自販機で100円入れればクリスタルカイザーでもゲロルシュタイナーでもいくらでも飲めるだろう、とイヌラッパグミは思うわけである。

というかミネラルウォーターの名前っていちいちカッコよすぎだろ。

 

そんなに勧めてくるんだからきっと契約すればお得でメリットがたくさんあるんだよね?

ウォーターサーバーの営業マンは、張り付いたような営業スマイルで必ずこんな事を言ってくる。

「無料なんですよ! 無料!」

おそらくタダとか無料という言葉が大好きな諸君はすぐにその言葉に乗せられて

「え、無料なの? じゃあいっこ頼んじゃおー」

って思うかもしれないが、実際はそんなに甘くない。

あくまでサーバー代が無料なだけであって、配送料やら設置費用やらでなんだかんだお金はかかる。

もちろん、中身の水だって有料だ。

あちらも所詮は商売。なんでも客だけにしかメリットがないサービスなんてするはずがないのだ。

 

でも安いし、お得なキャンペーンとかやってるし、おいしい水が飲めるなら契約してもいいよね

実際に契約しても、高くて月々2000円いかないくらい。

 

なるほど毎月これくらいならまあ確かに払ってもいいかって気にはなる。

けれども、塵も積もればなんとやら、年単位で計算すれば万越えの金額になるじゃないか。

ウォーターの契約は非常に簡単な反面、一度契約してしまうと簡単に解約というわけにはいかない。

例えば、最低一年は使わないと解約料金が別途発生するとか。

 

初期費用を大幅に抑えて基本料で回収する携帯と同じような収益モデルをしているわけだ。

そんなわけで、何も考えず出された紙に名前を書いてしまうと、気づけば無駄な買い物をしてしまった……という事になりかねないのだ。

嗚呼、可哀想。

そして諸君のことだ。最近じゃ水素水ブームなんかの影響もあって、

「水素水が簡単に飲める!」

なんてうたい文句で

「え、水素水が飲めるの!? やったー!!」

とか思うに違いない。

 

そりゃ水なんだから水素はあるだろ。

あまりにも当たり前な事を言っているもんだから、「水と水素って別モノなんだっけ?」とか考えてしまって、私自身も思わずググってしまったぞ。

うむ。水素と酸素の化合物だ。

小学校の理科で習う内容だな。

ところが最近の大人達はこれを今流行りの某フレンズ的なノリで

「水素水が飲める水なんだね! すごーい!」

とか言ってありがたがるわけである。うん。すごーい……。

 

じゃあウォーターサーバーなんて情弱騙すインチキ商売じゃん!

ここまで書けばそりゃそう思うだろう。

 

実際、イヌラッパグミもウォーターサーバーなんてものは契約してないし、今後もするつもりはない。

しかしメリットもある。そうでなければ、ウォーターサーバー市場もここまで活性化しないのだから。

 

  • 美味しい水が飲める

むしろそのために契約するんだから当たり前だろ。アホかと。

  • 温水、冷水をすぐに飲める

これはまあ分かる。水道でお湯が出るのに時間はかかるし、これを飲み水にする人はあんまりいないだろう。赤ちゃんがいる家ではミルクを作る時に役立つと聞いて、これはちょっとなるほどと思った。

  • 水のペットボトルをわざわざ冷蔵庫に入れなくて済む

そりゃあそのためのサーバーだもの

でも、近年は震災なんかで水の備蓄需要が高まってるというから、一定量の水を常に確保しているというのは、まあ良いかもしれない。

  • 普通に買うよりお得?

どこのメーカーも、12リットル単位での契約になるらしい。

毎月を水を12リットル、値段とかの詳しい情報は比較サイトでも見てほしい。

ここでは、例として1500円とする。

その他電気代や契約時の諸々の諸経費込みと考えて2000円としよう。

実際は電気代がもっとかかるかもしれないが、水道代が多少節約できると思うので、まあそこまで大きく変わらないはずだ。

毎月12リットル2000円。1リットルあたり約167円。

 

……うん? 高くね?

スーパーで2リットルの水が100円以下だし、同じ量の値段だけでならコーラが買える。

全然安くなかった。

 

なんだよ。じゃあ導入するメリットないじゃん

結論を急がないでほしい。

 

例えば、上で書いたとおり赤ちゃんがいる家庭ならばぬるま湯を出してミルクをつくったり、安全な水を飲ませることができる。

本当に安全な水なのか調べようがないのだが、それでも水道水よりはマシと多くの人が思うことだろう。

あとは、会社のオフィスなんかに置いておけば、いつでもすぐに冷たい水が飲めたり、インスタントコーヒーを作るためにお湯が出せる。

これはとてもありがたいことだ。

また、ウォーターサーバーなんて「あってもなくても良い」ものなので、家にこれを置いている家庭はちょっとした社会的ステータスになるのかもしれない。

もちろんただの情弱という可能性もあるけど。

メリットを補足すればこんな感じ。

 

まとめ

 

  • 特に必要に迫られないなら導入するメリットはあんまりない
  • 水は特別安いわけでもない
  • 「水素水がどうたら~」はインチキで情弱向けの宣伝である

 

ちなみに水を売る側は儲かっているのだろうという話だが、実際はそうでもないらしい。

サーバー自体はそれなりに高価なのに機器のレンタル料は基本無料でやっているし、各ご家庭に水の配送だってしなくてはならない。

重要なのは、毎月のランニングコストが回収できるという部分と、解約率がそれほど高くないために安定的した売り上げが見込めるという部分らしい。

なので、ウォーターサーバーを売っている会社がぼろ儲けしているのかというと、実際はそれほどでもないようだ。

なんだ。分かりやすい悪代官みたいな悪徳企業じゃないとなると、私自身も強く批判出来ないじゃないか。

 

ま、そんなわけで、ウォーターサーバーに関する内容であった。

最近、真面目に書きすぎている気がする。

まだイヌラッパグミの方向性が定まっていないなと感じる今日この頃。




-ライフハック
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

結局、エナジードリンクって何のために飲むもの?

レッドブルで翼を授かる……? ある日のこと なつき ふぁ~。なんだか眠いなあ。昨日はちょっと夜更かしちゃったからなあー なつき でも借りてきた本これから読まないとだし……。そうだ! レッドブルでも飲ん …

食べられる野草のすゝめ

道端でアスファルトの上に咲く雑草。 子供の頃、誰もが一度は「食べられるのではないか」と思ったことだろう。 そして実際に口に入れてみたりもするのだが、苦い。 とにかく苦い。 普段サラダの主役を張るレタス …

人と違うアプローチをしてSuicaを使いたい

「近頃の若者ときたら、駅に行けばこぞってチャージ、チャージって。それで本当に電車に乗れるとでも思っているのかねえ」 「乗れるんだよおばあちゃん」 そんな微笑ましいやり取りを、イヌラッパグミは遠目から眺 …

最近のコメント

    カテゴリ

    イヌラッパグミフレンズたち



    【おなまえ】
    イヌラッパグミ(犬養めぐみ)

    【自己紹介】
    当ブログの主人公。
    飼い主はアラサーの死んだ目をした社畜。
    歪んた人格のあまり、ブログでいい加減で適当な記事を量産する。
    今年の抱負はアニメ化。



    【おなまえ】
    鳥塚なつき

    【自己紹介】
    食べ物が大好き。
    特にお菓子。
    容姿端麗でおしとやかだが、暴言も吐く。
    食レポもするけど期待してはいけない。



    【おなまえ】
    大鹿凛子

    【自己紹介】
    ギャルっぽい見た目だが、真面目。
    ガジェット好き。
    アップル製品をよく使う。
    スマホアプリや製品レビューもたまにする



    【おなまえ】
    猫宮かな

    【自己紹介】
    面白い事がとにかく好き。
    変わったグッズやシュールな記事に現れる。
    たまにどこの次元の話をしているのか分からない事がある。