イヌラッパグミ

「面白い」だけを追求する女の子達との非日常

おもしろグッズ

ベイブレードに夢中になる女子高生がいるらしい

投稿日:2017年2月25日 更新日:

 

流行に疎い諸君の事だから、きっと今どきの子供達がどんな遊びをしているのかとかほとんど知らない事だろう。

まあ、実を言うと私も知らない。

何せイヌラッパグミは女子高生。

女子高生よりも知能指数が劣るであろうクソガキが普段どんな遊びをしているかなど知る由もないし、知る必要などないのだ。

しかしそうも言ってられなくなってきた。

最近、私の従妹が小学生になった。

仏のように優しいイヌラッパグミは、従妹が家に遊びに来ると、いつも遊びの相手をしてあげていたのだが、最近どうもノリが悪い。

こないだなんか、懇切丁寧に「革靴の舐め方」を教えてあげたのだが、彼女は最後まで私みたいに実践しようとはしなかった。

それどころか、「そんなことやってて楽しいの?」と冷たく言い放つ始末。

小学生にもなると、だいぶ物事の良し悪しが区別できるようになるみたいで、イヌラッパグミの「将来全く役に立たない社会を生き抜く術を身に着ける遊び」の不毛さに気付いてしまったようなのだ。

実につまらない。

私が教えたこのいい加減な遊びを親の前で実践してもらい、「そんな事するもんじゃありません」と怒られて泣くところまでがワンセットだったのに、最近じゃ通用しなくなってしまった。

そうなってくると、私もいささか不満ではあるが、彼女の知能指数に合わせた、「子供らしい遊び」というものに興じてあげなくてはならない。

女子小学生の遊びなどたかが知れている。

せいぜいおままごとや人形遊びだろう。

そう思っていたのだが、ここで私は軽いカルチャーショックを受けてしまった。

 

近頃の子供はおままごとも人形遊びもしない

何をやっているのかといえば、スマホアプリでゲーム、3dsでゲームときたもんだ。

やってる事はもうそのへんの大人の遊びと変わらないではないか。

というかゲームばっかだな。

しかし、今の親世代もかつてはゲームをやって育ってきた世代。

「スーファミ」「ゲームボーイ」なんかに熱中してきたことだろう。

(このあたりの世代はもう子供が成人している人なんかもいそうだが)

そんなわけで「ゲームは一日一時間」とか、「宿題終わるまでやってはいけません」とかで我慢してきた分、その抑制から解放された衝動で、あんまりうるさく言わない親も多いのだとか。

小さな画面をずっと見つめていれば目が悪くなって当然なのだが、心当たりある親はそれがあってか子供を責めることが出来ないのだ。

そんなわけでスマホなんかの操作もお手の物。

いとこは私よりも歳が一回りも下のくせに、ラインのスタンプ数は私よりも多いし、撮った写真はツイッターに上げたりもしている。

それでいいのか小学生諸君。

私が小学校一年生の時なんか、着せ替え人形の髪をキッチンバサミで奇抜なヘアースタイルにカットして油性ペンでカラーリングする遊びをしていたし、男子なんかは蟻を踏みつぶしてゲラゲラと笑っていたんだぞ。

そういう低レベルでしょうもない遊びも、子供であるがゆえに許されるし、楽しめるのではないかと思うのだ。

というわけで、もっと子供らしい遊びをしろ、というのがイヌラッパグミの主張である。

そこで、私はそんな現代を生きる今どきの小学生のため、あるおもちゃを推奨する。

それこそがベイブレードなのだ。

 

どうしてベイブレードなのか

まず、ベイブレードの一個あたりの単価が、ギリギリ子供のお小遣いでも手が届く範囲だからだ。

だいたいどれも1000円いかずに購入することが出来る。

ゲーム機は高いため、大抵の子は親にねだる事になるだろう。

しかし、買ってもらったものであるがゆえに、モノの大切さというものを理解しない。

ちゃんと自分のおこづかいで買えるものだからこそ、そこに愛着が湧くし、大切にしようと思えるはずなのだ。

 

ベイブレードで世界を征服できる

http://file.kfeg.blog.shinobi.jp/2012_22.jpg

 

コロコロコミックという、小学生なら一度は誰もが読む漫画雑誌には「ホビー漫画」と呼ばれる、商品とタイアップした漫画がよく連載される。

ベイブレードも同様にこの「ホビー漫画」として連載されていたり、されなかったりしている。(2017年現在はされている)

ベイブレードは他のおもちゃに比べると流行の周期が短く、だいたい5~6年に一回は爆発的なブームになる。

つまり、小学生が入学してから卒業するまでに一度はこのベイブレードが流行るというわけだ。

そんなわけで、コロコロコミックでも度々漫画化されたり、アニメ化したりするのだが、その中では、たいていベイブレードを悪用した悪の組織的なものが出てくる。

 

彼らは、本気でベイブレードが世界を亡ぼせる道具になりうると本気で信じているらしい。

だから、きっと諸君も頑張れば世界を亡ぼせる。

それだけの可能性がある凄いおもちゃというわけだ。

 

というわけで

ベイブレードは良いものだ。

 

私もこれを期にクソガキ共と会話レベルを合わせるために一つ買ってみる事にする。

そういえば、最近のベイブレードは、勝敗をつけるためのルールが三つあるのだという。

ひとつは、相手のコマをフィールドの外に弾き飛ばした方が勝ち。

もうひとつは、フィールドの中であっても、先に回転が止まってしまった方が負け。

そして最後のひとつは、部品が外れた方が負けというものだ。

部品が外れるとはどういう事かといえば、つまり、ベイブレードが疑似的に破壊される演出をする事ができるというものらしい。

これは、バースト・フィニッシュと言って、衝撃を加えた時に部品が外れる機能が備わっているために可能な仕組みらしいのだ。

つまり、おもちゃを戦わせてぶち壊すという快感を味わえる。

なるほどこれはイヌラッパグミ向けだ。

クソガキ共のベイブレードを改造を施した極悪マシンを使って破壊して泣かせる楽しい遊びが出来るぞ。

 

>ベイブレードバースト

価格:4,993円
(2017/2/26 14:13時点)



-おもしろグッズ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

もうすぐ入学・入社式!鞄は殺傷力で選べ!

    新入生、新社会人の皆さん、おめでとうございます 新しいはじまりの月となる4月。 学生さんなら学校、新社会人ならば会社という墓場への第一歩を踏み出す。 そんな残り少ない春休み …

何故作った? LINEの誰得スタンプ

  種類が多すぎる!? LINEのクリエーターズスタンプ ある日のこと   イヌラッパグミ まーた未読スルーかよ イヌラッパグミ こいつ絶対にステータスバーから本文読んで既読付けて …

逆にオシャレ?今流行りの画面バキバキスマホ

スマホを落として割れたらあえて修理しない派が多い理由 電車や街中でスマホを弄っている人の画面をふと覗くと、バッキバキに割れた画面で操作をしている人をよくみる。 私は世間一般にスマホが浸透する前からスマ …

最近のコメント

    カテゴリ

    イヌラッパグミフレンズたち



    【おなまえ】
    イヌラッパグミ(犬養めぐみ)

    【自己紹介】
    当ブログの主人公。
    飼い主はアラサーの死んだ目をした社畜。
    歪んた人格のあまり、ブログでいい加減で適当な記事を量産する。
    今年の抱負はアニメ化。



    【おなまえ】
    鳥塚なつき

    【自己紹介】
    食べ物が大好き。
    特にお菓子。
    容姿端麗でおしとやかだが、暴言も吐く。
    食レポもするけど期待してはいけない。



    【おなまえ】
    大鹿凛子

    【自己紹介】
    ギャルっぽい見た目だが、真面目。
    ガジェット好き。
    アップル製品をよく使う。
    スマホアプリや製品レビューもたまにする



    【おなまえ】
    猫宮かな

    【自己紹介】
    面白い事がとにかく好き。
    変わったグッズやシュールな記事に現れる。
    たまにどこの次元の話をしているのか分からない事がある。