イヌラッパグミ

「面白い」だけを追求する女の子達との非日常

雑記

クリスマスが近い ※2月

投稿日:2017年2月8日 更新日:

クリスマスが近い。

何を言っているんだこいつ。終わってからもう一か月以上は経つじゃないかと心の中でほくそ笑んでいる諸君。

考え方が固い。

柔軟な発想とは、物事の捉え方一つで変わってくるものだ。

「もうすぐクリスマス」と「クリスマスが近い」というのは全くもって違う。

私が言いたいのは、「去年のクリスマスが終わってからまだ日が経っていないよね」の方だ。

ほら、(去年の)クリスマスは近いじゃないか。

つまり何が言いたいかというと、毎年一人で寂しいクリスマスを過ごす諸君に、追い打ちをかけるべく、クリスマスプレゼントをイヌラッパグミ自ら選定してやろうというわけだ。

別にブログを始めたのが最近だから、話題に事欠かない季節・イベントネタを無理やり引っ張り出してきたとか、そういうわけではないのだ。

断じて違う。

というわけで、本題に入ろう。

クリスマスだ。

教養のない諸君は、恋人とケーキを食べながら想い想いに用意した贈り物を交換して愛情を確かめ合い、一夜を過ごすリア充のためのイベントだと勘違いしている事だろうが、それは違う。

オネエキャラでおなじみのお笑い芸人・クリス松村とも関係はない。

クリスマス……それは、12月24日の閉店前のスーパーが紛争地域と化すイベントなのである。

最悪、死人が出るとも言われている。

何故、そのような事態がどこにでもあるスーパーで起きてしまうのか。

それは、日本の企業が大々的に仕掛けるクリスマス商戦に、スーパー側も便乗しようとするからだ。

具体的に言うと、現代社会に生きる人々は、クリスマスには普段よりも豪勢な食事を家族や友人たちに振る舞わなければならないという、一種の強迫観念にとらわれている。

しかし、それらの強迫観念とは無縁な人々というのも存在する。

便宜上、彼らのことを「勝組」と呼ぼう。

勝組は、家族や恋人と普段から当たり前のように接しているが、クリスマスの日だけは、周りが特別な日であるかのように振る舞うので、なんとなく自分達も特別に振る舞う。

勝組はこの大して重要でもない不毛なイベントを、まるで日々のルーチンのように手早くパパッと終わらせようとするため、夕方のスーパーで「とりあえずクリスマスっぽい」ケーキやオードブルなんかをいくつか買って適当に済ませる。

スーパー側も、それを見越してこの日ばかりは大量に商品を仕入れ、売りさばけるかどうかも分からない量の七面鳥やらからあげの盛り合わせをお惣菜コーナーに積み上げるのだ。

当然、売りさばけるかも分からない量を仕入れたのだから、結局余ってしまうわけだ。

さあ、閉店まで三時間を切った午後八時。

食品は生ものであり、賞味期限というものがある以上、いつまでも棚に陳列しておくわけにもいかない。

ここまで言えば、諸君も私がこれから言わんとしている事が分かるだろう。

何故なら、それだけ諸君になじみの深いものだからだ。

勝組の手に渡ることなく、長時間常温で放置された結婚十年目の仮面夫婦のように冷めきった惣菜達。

これらの惣菜達は、廃棄される前に、最後のチャンスを与えられる。

そのチャンスは、スーパーの店員がペタペタと貼り付ける「半額シール」であることは言うまでもない。

そしてそのシールを目当てに集まる、勝組とは異質な気配を漂わせる者達。

便宜上、彼らを「負け犬」と呼ぼう。

前置きが長くなってしまったが、要は、そんな負け犬にカテゴライズされる諸君に、私からオススメ商品をいくつかピックアップしておいてあげたというわけだ。

どうか感謝して参考にしてほしい。

 

  •  スーパーに突っ込んだトラックの買い取りならここで決まり!



紛争地域と化したスーパーは、想像を絶する危険がはらんでいる。

ましてや負け犬が何をするのか、一般常識を兼ね備えたイヌラッパグミには検討もつかない。

もしかしたら、彼らはトラックごとスーパーに乗り込んで、そのまま半額惣菜を強奪するかもしれない。

そういう可能性もある以上、私がすべきことは、「スーパーに突っ込んでしまった後の事」を考える事だ。

熟考した結果、トラックは売りに出すのが一番だろうという結論に至った。
トラックの超高額買取りなら【トラック買取.com】
はそんな中古トラックを素早く高額査定、即日現金買取も可能なサービスというわけだ。

クリスマスの翌日には鏡餅とおせちの具材が並ぶようになるスーパーにおいて、素早い切り替えは大事だ。

次の正月商戦に備えるべく、トラックの買い取りも出来るだけフットワークを軽くこなしてしまった方が良いに決まっている。

 

  • スーツケースをレンタルする


なぜ、スーツケースなのか。

諸君はそう思うかもしれない。

だが、考えてみてほしい。

負け犬は何をやっても負け犬なのだから、せいぜい表面的な部分を取り繕う程度の努力は必要なのではないか。

イヌラッパグミはそう考えるのである。

スーパーの半額惣菜を高級スーツケースにしまって自宅まで安全に持ち運ぶアピールをスーパーの店員にすることで、他の負け犬とは格が違う事を見せつけることが出来るのだ。

それに、戦場と化したスーパーで、無事にゲットした半額惣菜を安全に持ち帰れる保証が一体どこにあるだろうか。

それならば、頑丈なスーツケースに入れておけば一安心というわけだ。

スーツケースは買わずにレンタルする時代!

旅行好きにとっては当たり前となりつつこのサービスを、クリスマス商戦の負け犬共が使わない手はない。

 

  • 戦う

>DENIX(デニックス) バイキング バトルアックス 全長87cm [628/G]

価格:8,800円
(2017/2/8 23:39時点)
感想(0件)

あまりおすすめはしないが、好戦的な諸君の事だ。

どうせすぐに手を出すに決まっている。

だからまあ、こういう武器の一つくらい持っていっても良いのかもしれない。

くれぐれも暴力を推奨するわけではなく、こういう方法くらいでしか物事を解決出来ない諸君らのために、一つの手段として提示しているだけなのだという事をどうか留意してほしい。

 

さて、次のクリスマスまであと10か月以上先になるわけだが、用意周到なイヌラッパグミは、今年の負け犬達のためにここまで考えてあげたわけだ。

私からの、ちょっと遅いクリスマスプレゼントを、どうか今後のために役立て欲しい。



-雑記
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

バレンタイン、チョコレートの魔の手から逃げる

バレンタインデー。 諸君には全くもって関係のないイベントであることは当然イヌラッパグミは存じているのだが、それでも世間はこの一大イベントを、まるで国民的行事であるかのように取り扱う。 周りに流されやす …

no image

群馬県

まずはじめに一言だけ断っておきたいことがある。 イヌラッパグミは徹底的にエンターテイメントを貫きたいと思っている。 それはつまり、読者が楽しめる文章を書く事を第一とし、特定の政治的思想や偏見をここに吐 …

可愛い女の子はお好きですか?

人は見た目が9割とかいうけれど   全くその通りである。 どんなに性格が悪かろうと、容姿が良いだけでそれがステータスになってしまうのだから恐ろしい。 ラノベのヒロイン、少女漫画のヒーローなん …

タクシーが客引きを始めるようになったら世紀末だと思う

さて、諸君はせいぜい移動手段といえば徒歩と自転車くらいしか使わないだろうが、世の収入に余裕がある一般的な社会人は、お金よりも移動にかける時間を惜しむため、ワンメーターであってもタクシーを使う。 タクシ …

孤独なSNSに耐える方法

SNSとは、出会いを求める男女があわよくばリアルで出会っていろんな場所で繋がろうとするために使われるツールの事である。 ……という言い方をすると少し語弊があるかもしれないが、まあ大体あっているだろう。 …

最近のコメント

    カテゴリ

    イヌラッパグミフレンズたち



    【おなまえ】
    イヌラッパグミ(犬養めぐみ)

    【自己紹介】
    当ブログの主人公。
    飼い主はアラサーの死んだ目をした社畜。
    歪んた人格のあまり、ブログでいい加減で適当な記事を量産する。
    今年の抱負はアニメ化。



    【おなまえ】
    鳥塚なつき

    【自己紹介】
    食べ物が大好き。
    特にお菓子。
    容姿端麗でおしとやかだが、暴言も吐く。
    食レポもするけど期待してはいけない。



    【おなまえ】
    大鹿凛子

    【自己紹介】
    ギャルっぽい見た目だが、真面目。
    ガジェット好き。
    アップル製品をよく使う。
    スマホアプリや製品レビューもたまにする



    【おなまえ】
    猫宮かな

    【自己紹介】
    面白い事がとにかく好き。
    変わったグッズやシュールな記事に現れる。
    たまにどこの次元の話をしているのか分からない事がある。