イヌラッパグミ

「面白い」だけを追求する女の子達との非日常

雑記

バレンタイン、チョコレートの魔の手から逃げる

投稿日:

バレンタインデー。

諸君には全くもって関係のないイベントであることは当然イヌラッパグミは存じているのだが、それでも世間はこの一大イベントを、まるで国民的行事であるかのように取り扱う。

周りに流されやすい日本人特有の心理を悪用した、チョコレートを売りたい悪徳企業による販売戦略であることは言うまでもない。

しかし、ここまで盛大に、大々的に行われるイベントとなってしまった以上、このイベントに所縁のない諸君が鉈や桑を振り回しながらチョコレートを売り出す店を片っ端から襲撃したところで明日にもなくなるわけではないのだ。

だとすれば、諸君は一体どうすれば良いのか。

当然、チョコレートをあげる側、もらう側に嫉妬するのも筋違いだろう。

女性側は「義理チョコ」なる、好きでもない人に異性だからという理由でチョコレートを配らなければならないOLもいるし、もらった側も、何かお礼を後日のホワイトデーにしなくてはならない。

しかも、男側は「女性からのお返しはもらったチョコ以上に高価なモノでお返し」という暗黙のルールまで作られる始末。

そもそもホワイトデーってなんだよ。

女性は女性で、「友チョコ」などという、大して美味くもない手作りチョコを不毛な労力と資金を捻出し、仲の良い友人に配り合わなければならない。

そして「かわいー」や「超おいしー」を念仏のようにひたすら唱え続け、無心でチョコを口の中に運び続けなければならない。

イベントや祭りごとが大好きな人種には良いのだろう。

しかし、それを文化や風習であるかのように会社や学校にまで持ち出すのはなんか違うのではないか、と、イヌラッパグミは思うのである。

「年に一度、好きな人へ想いを伝えるのに、手作りチョコレートを作って渡す」

素敵な事じゃないか。

諸君には一切関係のない事かもしれないが、普段は恥ずかしくてなかなか言い出せない事を、こういうイベントの力を借りる事で成就する想いがあるというなら、良識あるイヌラッパグミのような善人は心から応援をしたい気持ちでいっぱいになるのだ。

しかし、最近は事情が違う。

チョコレートを売り出したい悪徳企業によって、このイベントの趣旨は拡大解釈され、「誰でもチョコレートを渡す義務がある」というものに置き換わろうとしている。

これでは、もらった側も本命なのか、義理なのか区別がつきにくいじゃないか。

それでも、悪徳企業で働く社員は

「甘いだけでは駄目、時には引き締めるような大人のほろ苦さも必要だ」

とか言ったりしながら、この日のために一生懸命に企画を練り、チョコレートを売り出そうと日夜問わず働き続けているに違いない。

チョコレートを売り出す方も、その義務を果たそうとチョコレートを買う側もブラックが蔓延るわけである。

 

さて、そんなわけで本題だ。

先にも述べた通り、バレンタインデーというイベント自体はすぐにでもなくなるような事はない。

悪徳企業がこんなに甘いイベントをみすみす逃すはずもないのだから、地球上からチョコレートを根絶やしにでもしないとなくなる事はないだろう。

しかし、諸君はさぞこのイベントが憎い事だろう。

だからせめて何か報復、つまり、バレンタインデーというものに対してネガティブキャンペーンをすることは出来ないのかと考えているに違いない。

誰に対しても優しいイヌラッパグミは、そんな諸君のためにいくつかの「手段」を用意してあげた。

是非とも感謝して、そして参考にしてほしい。

 

  • コンソメキューブを配りまくる

>味の素 コンソメ<固形タイプ>箱 21P

諸君は料理の味付けに使われるコンソメを固形状にしたタイプのものはご存じだろうか。

というか、味の素から発売されているこのコンソメは比較的メジャーな商品なので、見た事ある人は多いはず。

そして、その固形状のコンソメを包んでいる包装がパッと見、チョコレートのように見えなくもない。

ここまで言えば、性格のひん曲がった諸君にも検討がつくだろう。

バレンタインデーの日にこいつを街中で配って、

「お、チョコレート配ってる。もらっとこー。どれ味見……あ、違うこれはコンソメだ! 騙された!」

と、人々を困惑させるのだ。

この活動を継続して広まってくると、人々は「チョコレートをもらう」という行為に疑心暗鬼になる。

そして渡されたチョコに対し、男は決まってこう言うようになるのだ。

「ねえ、これってコンソメじゃないよね?」

当然、言われた方の女性は困惑するし、あまり良い気分はしないだろう。

そうやって人々の心を惑わすようになってくると、イベントのイメージ低下につながり、やがてバレンタインデーは廃れる日がくるのだ。

 

  • チョコレートを食べ過ぎると死ぬ


チョコレートはポリフェノールが豊富で、健康に良い。

というイメージがある一方、大量の砂糖を使っているので太りやすい、虫歯になりやすい等のイメージもある。

つまり、最悪の場合、死ぬ。

そういうチョコレートの負の部分を強調することで、

「チョコレートは健康に悪いし、あんまりもらいたくないしあげたくないな」

というイメージを持たせるのだ。

しかし言うだけだとあまり実感はない。

そこでチョコレートと共に「チョコレート食べ過ぎて死んでしまう事もあるので、念のためこちらもご活用ください」

と言って、シンプルなお葬式へ問い合わせてもらうことが出来る資料も一緒に手渡してあげよう。

わざわざ相手の事を考えて死んだときのお葬式の用意までしてあげて親切な一方、もらった側は資料を見る事でなんとなく死というものを実感し、チョコレートに抱くイメージが大きく覆るかもしれない。

まずはこちらで資料請求をしてみることをお勧めする。

チョコレート=死

というイメージを浸透させ、バレンタインデーは死を助長するイベントであることを広めれば、いつの日かきっと廃れていくに違いない。

 

さて、如何だっただろうか。

人間、何事も行動に移さなければ何も始まらない。

バレンタインデーにチョコを貰うのも、貰えるようになるのも、行動一つで変わってくる事もある。

だから、その一つの選択肢としてバレンタインデーを妨害する行動に出るのも手だというわけだ。

 

もらったチョコレートも良いが、イヌラッパグミが提案したこの方法が広く浸透する可能性があるなら、やっぱり私は自分で好きなチョコを買って食べるに限ると思うのだ。





-雑記
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

クリスマスが近い ※2月

クリスマスが近い。 何を言っているんだこいつ。終わってからもう一か月以上は経つじゃないかと心の中でほくそ笑んでいる諸君。 考え方が固い。 柔軟な発想とは、物事の捉え方一つで変わってくるものだ。 「もう …

デジタルだけどアナログな携帯玩具、デジモン

デジモンといえば…… 今から20年前、バンダイから発売された携帯玩具『デジタルモンスター』 発売当時、デジモンより一足先に一世を風靡した『たまごっち』に続く携帯玩具であった。 たまごっちが若い女性や子 …

no image

群馬県

まずはじめに一言だけ断っておきたいことがある。 イヌラッパグミは徹底的にエンターテイメントを貫きたいと思っている。 それはつまり、読者が楽しめる文章を書く事を第一とし、特定の政治的思想や偏見をここに吐 …

可愛い女の子はお好きですか?

人は見た目が9割とかいうけれど   全くその通りである。 どんなに性格が悪かろうと、容姿が良いだけでそれがステータスになってしまうのだから恐ろしい。 ラノベのヒロイン、少女漫画のヒーローなん …

エイプリールフールだし、ピアノに轢かれた話をしよう

  常識を疑え!ピアノだって何をしてくるか分からない!? ピアノを”弾く”ことはあっても、”轢かれる”事はないだろうと誰もが思っているはず。 だが、世の中は何がおきるかわからない。 20年前 …

最近のコメント

    カテゴリ

    イヌラッパグミフレンズたち



    【おなまえ】
    イヌラッパグミ(犬養めぐみ)

    【自己紹介】
    当ブログの主人公。
    飼い主はアラサーの死んだ目をした社畜。
    歪んた人格のあまり、ブログでいい加減で適当な記事を量産する。
    今年の抱負はアニメ化。



    【おなまえ】
    鳥塚なつき

    【自己紹介】
    食べ物が大好き。
    特にお菓子。
    容姿端麗でおしとやかだが、暴言も吐く。
    食レポもするけど期待してはいけない。



    【おなまえ】
    大鹿凛子

    【自己紹介】
    ギャルっぽい見た目だが、真面目。
    ガジェット好き。
    アップル製品をよく使う。
    スマホアプリや製品レビューもたまにする



    【おなまえ】
    猫宮かな

    【自己紹介】
    面白い事がとにかく好き。
    変わったグッズやシュールな記事に現れる。
    たまにどこの次元の話をしているのか分からない事がある。