イヌラッパグミ

「面白い」だけを追求する女の子達との非日常

お菓子

ホワイトデーなんかいらない、知らない、普及させない

投稿日:2017年3月8日 更新日:

[フリーイラスト素材] クリップアート, ホワイトデー, プレゼント / 贈り物, 3月, 行事 / イベント, テキスト, EPS ID:201503100000

意味は知らないけど、とりあえずお祭り大好き日本人

日本人というのは、真面目で勤勉というイメージを持つ一方、お祭り事が大好きであることも知られている。

クリスマスやハロウィン、バレンタインデーなんかを文化や風習、宗教と所縁がなくても一大イベントに仕立て上げる。

まあ、それ自体は悪くないと思う。

歴史を勉強するのが嫌いな諸君ならば、イベントの起源とか背景なんか説明されても、そんな情報は右から左に受け流すに違いない。

だから、形として残すことで、歴史的出来事を風化させることなく、人々の中に根付いているものもあるんだと思う。

ところがだ。

ホワイトデー、あれはどうだ。

このデタラメな記念日を作ったのは他ならぬ日本であり、広く普及させた元凶は菓子会社であることは言うまでもない。

何故だ。何故、バレンタインデーで女の子が想いを伝えた後に、「チョコもらった男は女の子にお返しをしよう」なんて日を作ってしまったのか。

バレンタインデー発祥の起源とされる、多くの恋を導いてきたキリスト教司祭、バレンタインさんへの冒涜になるんじゃないのかと思う。

ちなみにバレンタインデーに限っては、「相手に想いを伝えるきっかけとして、チョコレートの力を借りる」という点については素敵じゃないかと肯定している。

詳しくはこちらの記事にて。

バレンタイン、チョコレートの魔の手から逃げる

 

だがホワイトデー、こいつは駄目だ。

私が何故、このイベントにおこなのか。

それは、半ば強引な経済的負担を要求させるものだからだ。

 

この忌々しい日を作ったお菓子会社をイヌラッパグミは許さない

友チョコや逆チョコなる週間を定着させようとした愚かな菓子会社はホワイトデーにも目をつけ、男に

「女の子にもらったお返しはいつもよりちょっぴり贅沢なおしゃれで可愛いスイーツを贈ろう(はあと)」

みたいな催しものを始めた。

その結果、チョコをもらってしまった男性は一応男性という立場もあって、「もらったものよりも高いもの」を返すことが暗黙の了解となってしまった。

言っておくが、別に私は男性の肩入れをしているわけではない。

当然、自分よりも高価なお返しが返ってきたとなれば、女性は次のバレンタインではさらに気合を入れなければならなくなる。

つまり、貰う側・貰われる側双方に負のスパイラルをもたらしてしまうのだ。

 

うーん、実に嘆かわしい。

 

????
もらう相手もいないくせに随分と偉そうなこというのね

イヌラッパグミ
ほっとけクソが

 

まあ、愚痴ばかりを言ってもしょうがないので、今回はホワイトデーだし、諸君には関係ない事かもしれないが、万が一手違いでチョコをもらってしまってお返しを考えているようであれば、是非とも私のオススメチョイスを参考にしてみてほしい。

私がホワイトデーのお返しに薦める素敵な贈り物は……。

 

現金支給

http://lovefreephoto.sakura.ne.jp/photo/kiichan/2012/05/201205_money_2960_w800.jpg

そう、お金。現ナマ支給。

おかえしなんて、正直クッキーやアメでもなんでもいいが、結局好き嫌いがあったりするもの。

そういう「相手が嫌いなものをお返しする」というリスクを最大限に抑え、且つ、もらって嬉しいものとなれば、もう現金しかない。

そして渡す金額こそ、相手への想いの強さをアピールすることが出来る。

イヌラッパグミの独自調査によると、

  • 1000円

特に親しくもない、あまり話した事もないけど渡さないのもなんか悪いから、一応渡しておくぐらいのもの。義理の義理レベル

  • 5000円

日頃お世話になっている人への感謝を込めた義理レベル

  • 10000円

恋人レベル(学生)

  • 50000円

恋人レベル(結婚秒読み)

  • 100000円

金ヅルさんからご指名の女の子にドンペリ入りまーすレベル

 

まあ、こんな感じだ。

そして渡し方も重要だ。

よく、女性はシチュエーションにこだわるという話がある。

イヌラッパグミ自身、やられた相手にサプライズと称した復讐をする事が夢なので、やっぱり憧れるものなのだと思う。

????
めぐちゃんったら、ドッグフードを食べさせられた腹いせに私のお弁当に猫缶をまぶそうとしたよね

 

渡す時は、あまり仰々しくせず、自然なながれですっと渡すのが良いだろう。

飾り気もなく、けれどもちょっと渡すのが恥ずかしいみたいな、そういうシチュエーションって案外喜ばれると思う。

私も結構そういうの好きだ。

 

????
えっと……その……これバレンタインのお返し。はい



イヌラッパグミ
人間が食うもの持って来い

 

????
じゃあこれね

 

イヌラッパグミ
だからそういうことじゃない

 

それから、やはり贈り物には包装も大事だ。

今回は現金なので、封筒を用意しよう。

これも飾り気を出さずに、自然な形で用意するのが好ましい。

間違ってもご祝儀袋なんかに入れて持っていかない事。

よく見かける茶封筒や、ATMなんかの横湧きに置いてある誰でも自由に持っていける封筒なんかで渡すと良いだろう。

これを自然な流れでやてあげれば、きっと喜ぶに違いない。

 

というわけで

ホワイトデーなんかクソくらえ!

でも、貰えるものはもらってやらないでもない!

イヌラッパグミもJKだから、お菓子をくれるというのであれば喜んでもらってやるぞ!

現金なら尚のこと大歓迎だ!





-お菓子
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

クソッタレなホワイトデーについて物申したい

突然ですが、飼い主の話です 3/14、お菓子メーカーの陰謀によって作られた忌まわしき日、ホワイトデー。 今日はイヌラッパグミの話ではなく、私の主のお話だ。 なつき あらあらー、もしかしてめぐちゃんの飼 …

スッパラムネをスナックディスペンサーに入れてみた

なつき もぐもぐ イヌラッパグミ まーた何か食ってるのかお前は。太るぞ なつき 太らないよーラムネだもーん! 最近、なつきのマイブームだというこのスッパラムネ。 155円で全国のスーパーやコンビニで発 …

最近のコメント

    カテゴリ

    イヌラッパグミフレンズたち



    【おなまえ】
    イヌラッパグミ(犬養めぐみ)

    【自己紹介】
    当ブログの主人公。
    飼い主はアラサーの死んだ目をした社畜。
    歪んた人格のあまり、ブログでいい加減で適当な記事を量産する。
    今年の抱負はアニメ化。



    【おなまえ】
    鳥塚なつき

    【自己紹介】
    食べ物が大好き。
    特にお菓子。
    容姿端麗でおしとやかだが、暴言も吐く。
    食レポもするけど期待してはいけない。



    【おなまえ】
    大鹿凛子

    【自己紹介】
    ギャルっぽい見た目だが、真面目。
    ガジェット好き。
    アップル製品をよく使う。
    スマホアプリや製品レビューもたまにする



    【おなまえ】
    猫宮かな

    【自己紹介】
    面白い事がとにかく好き。
    変わったグッズやシュールな記事に現れる。
    たまにどこの次元の話をしているのか分からない事がある。